注文住宅プランニングの初めの一歩

制限を知っておこう

注文住宅をプランニングするにあたり、どのような点に注意してプランを検討したらいいのでしょうか。注文住宅は、計画する敷地の形状や法的状況などによって建築可能な面積や高さが決まってきます。多くの人は、建築業者に敷地調査として依頼をされる方が多いのですが、自分であらかじめ調べておきたいと考えている方もいると思います。
そんな方の為に、簡単に調べられる方法を紹介します。「行政のホームページから、敷地の調査から始めましょう」自分の敷地の条件を調べるにあたり、まずは用途地域を調べる必要があります。用途地域とは、該当する敷地の利用条件を行政があらかじめ都市計画として決めたものです。そして、住居系の地域、商業系、工業系の地域に分けられ、それどれに建蔽率、容積率、高さ規定が決められてます。
例えは、埼玉県大宮市で計画する場合は、大宮市役所が定めた都市計画図によって、計画地の用途地域を知ることができます。この用途地域は、最近各行政がホームページ上にて都市計画の内容を公表してますので、埼玉県であれば、それを見れば知ることができます。その、用途地域が判れば、敷地に対して建蔽率や容積率などから、建物のボリュームや高さの制限を知ることができるのです。これから注文住宅を検討しようと考えている方にとって、計画する初めの一歩が自分の敷地の法的制限を知ることです。

時間を掛けて相談

比較的安価に購入できる住宅として分譲住宅や建売住宅がありますが、このようなタイプの住宅というものたしかに手頃な価格で購入することができ人気がありますが、いわゆる大量生産品として販売されているものなので住宅のデザインや間取りなどについては贅沢を言うことができません。ある程度の不満点に関しては妥協しなくてはならないのです。
それに対して非常に高価な買い物となってはしまいますが、納得度の高い住宅として注文住宅と呼ばれているタイプの住宅が販売されています。注文住宅とは文字通り、施主が自由に住宅のデザインや間取りなどに関して設計の段階から希望を反映させることができるタイプの住宅のことですが、家づくりの自由度が非常に高いため理想のマイホームをどうしても手に入れたいという方にはとても人気があります。
ただし、注文住宅を建てるとなると土地探しや住宅の設計などに非常に時間を取られてしまうことになり、実際に新居に移れるまでには時間を要してしまうことになります。そのため、物事をスムーズに運びできるだけ早く注文住宅を完成させるには埼玉の信頼できる業者の力添えがぜひとも必要になってきます。これから注文住宅を建てたいというときにはまずは埼玉の業者に相談をするようにしましょう。

Copyright(C)2018 埼玉で自分好みの住まいを実現するなら注文住宅が人気 All Rights Reserved.